部屋の雑巾がけで一石二鳥

部屋の雑巾がけで一石二鳥

現在私は週2日、部屋の雑巾がけを行っています。

 

雑巾がけを始めたきっかけは時間に余裕があり、テレビ台やソファーの下など、掃除機が届きにくい所の埃が気になったことです。

 

雑巾がけはかがんでやる部分が多いので、足腰が鍛えられます。
その為体力の維持をすることが出来ます。
普段の生活で使わない部分の筋肉を使うことにより筋肉痛になることもありましたが、今では慣れているので慣れるまでは大変でした。
しかし、慣れてしまえば簡単に掃除をすることが出来ます。

 

雑巾がけをすることにより、掃除機よりも綺麗にすることが出来ます。
小さなお子さんがいらっしゃる家庭では埃が気になることが多くなると思います。
自分で動き始めるようになると床を舐めたりする機会も増えてくるのではないでしょうか。
その時に、掃除機がけだけをした床よりも雑巾がけをしてあるほうが埃や塵が落ちているリスクを低くすることが出来ると思います。
時間はかかりますが、少しお子さんが大きくなってからはお手伝いの一貫として一緒にすることが出来るのも魅力なのではないでしょうか。

 

雑巾がけは体力維持をすることが出来ると同時に床も綺麗になるという一石二鳥の効果を得ることが出来ると思います。